BEB!GO!GO!


今の中で生きること

2005年10月04日

『唄う』12 耳の役目とは?

いろんな事を書いているので
どっかのページで重複してたら
スイマセン。。(笑)

歌を唄う時にね、皆は耳を使いますか?
当然なんですけど、、どうでしょうか?

普通カラオケに友達と行ったりした時に
「自分の声が聴こえないからもっと大きくして!」
とか言ってやたらと自分の声の
レベルを上げたがる人居ないですか?

これはね、カラオケの好きな人に
よくいるパターンでね、、、
こういう人はあんまり歌は上手くないです。。(笑)

演奏が聴こえないのは困りますけど
自分の声は聴こえなくてもOKですよ。
何故なら自分の声は頭蓋骨を振動させて
音の高さや響きを確認出来るものなので
耳はあまり関係ないからなんです。。

前にチョット書いた記憶がある、耳の聴こえない人の話。。
耳が聴こえないのに歌が唄えるんですよ!
それは耳で聴いているのではなく
音をイメージして、骨を振動させているからです。。

感覚さえ備わっていれば歌は唄えるんですね!
だから、歌を練習する時は耳で聴かずに
頭蓋骨から脊髄の振動を頼りに音をとってみてね。。

おぉ!そう言えば前に書いたね、、、
ステージで音を聴かないように、、、って。。。
今思い出した!!(^o^;)

付け加えて言うならカラオケは練習になりません。
これは私の独断ですけど、、、(笑)
生の声をスタジオで出して下さい。。
あとトレーニングはかかさずに、、、
身体も年と共に衰えてきますから、決して
さぼらない様に。。。頑張れ〜〜〜(笑)

そう、ある意味かなりストイックに生きなければ
研ぎ澄ます事は難しいかもしれない。
今度、ストイックとエゴイストとナルシスト
について語ってみよう〜(笑)  これはイケる!?

posted by BEB at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。