BEB!GO!GO!


今の中で生きること

2005年08月26日

『唄う』1 複式呼吸は?

『唄う』、、、、それは幸せ。。(笑)
上手く唄える様になるために練習をする、、、
なんて事じゃなく、気がつけばどこでも唄ってるくらいの。。

「好きこそものの上手なれ」ですね!(笑)
唄えなければ唄える様になるまで
そのワンフレーズをしつこく唄い続ける。。
(歌に対する気持はそんな感じ)

それにはまず、トレーニングが必要です。
私の場合、、ノドを鍛えるのではなく
腹を鍛えます。。(笑)
(ノドは逆にいたわる位にしてね、、)

最初から高い音の歌を唄っていると
どうしても、ノドを使って唄ってしまいがちで
高音には多少強くなれても太くはならない。(笑)




まず腹筋を鍛えながら、複式呼吸の
練習をしてみよう。。

意識をアバラ骨の下の方へもっていき
鼻から息を吸いながらお腹を膨らましていく。
(この時、肩の力は絶対に入れないで)
イッパイ吸ったら、今度は口でゆっくり
細く長くはき出せるまで空気をはく。

これが基本なんだけど男性は無意識のうちに
複式呼吸をしている人が多いみたい。。
女性はこの呼吸になれるまでチョット時間が必要。

練習する場所はどこでも。。(笑)
家事をしながら、通勤しながら、
お風呂に入りながら、、、、
出来れば手の平でお腹を押しながら続けてね。。

これがマスター出来れば、大声出ます(笑)
声は野球と同じで、ボールを遠くへ飛ばすのと似てます。
体力がなければ、声はステージの上で足元に落ちてしまうからね。。

ステージ向きの声の人とあまり向かない声の人が
いるけれど、これはもう持って生まれたものが
あるからあまり追求はしないでおきましょうね。(笑)

では今回はここまで、、、練習しておいて下さい〜(笑)
(あ、歌唱力でいう私の音源は、
 あまり参考にはなりません。あしからず、、、(汗)

トレーニングにおいても、誰もが
「百も承知」なんだろうけど文字で見ると
(そうそう、、、そうだったわ!)って
意識してるのとは違う角度で身体に入ってくので
あえて文字にしてみました。。いかがでしょう?(笑)
posted by BEB at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Lesson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。