BEB!GO!GO!


今の中で生きること

2006年07月20日

『生きる証』後編

庭いじりが好きだった母。。
一軒家で田舎だったから庭もかなりの広さがあったにも関わらず
そのスペースは彼女が育てる草花で足の踏み場もないくらい
賑やかで、いつも四季折々の植物で埋め尽くされていたな。。。

通るにも通れなかったから私がその中で1つを
動かそうものなら
「この花はそこが好きだって言ってるから移動ささないで!」とか
「この花はその場所が一番似合ってる。。」とか・・・
まるで大事な子供みたいに育てていたわ。(笑)


「お母さん、花の気持ちがわかるん?」って聞くと
「分かるどころか話が出来るから・・」とまで断言してたな。。(^^;)
「花は話しかけてやるとそれに応えるのよ。。」
「今日もかわいいね。。キレイに咲いてごらん。って言うと
本当に美しい花になるから・・・」って。。(笑)
でもそれは何度か検証済みなので信じているのよね・・

しかしそんな彼女の庭は常に統一感がなく
色々なタイプの花々が好きな場所で好きな様に轟々と咲いていた。。
まぁ、それが彼女らしいと言えばそうなんだけど・・(笑)


そして彼女がこの世を去って今年で10年が経つ。。
あんなに咲き乱れていた花や草木は彼女がこの世から
居なくなると同時に次々と消えていってしまった・・・・

荒れ果てたその庭を目の当たりにした時に
私は本当に彼女をなくしてしまったんだと痛感したわ。。
何故なら彼女の「生きていた証」がそこにはあったし
あの庭は彼女の存在そのものだったに違いないから・・・


今はその庭も半分以上が駐車場と化し
今度は父の趣味である奇妙な形をした石や古木でいっぱいなのよ。。(笑)
「これは仙人の山」とか「渓谷の源」とか
わけの分からん名前を自分で付けて、それを眺めては
一人でホクホクしていたりする。。(-_-;)
でもその庭が今の父の存在だったりする訳だから・・(笑)

私の存在の証は??
勿論、この『BEB!GO!GO!』  今はこれしかない。。
やめてしまえばそこまで・・・・
そして何もなかった様に消えてしまうんだろうけど。。
この『BEB!GO!GO!』はね、出来る限り続けて行きたいな・・・
私が『生きる証』として。。
060720_0926〜001.jpg







posted by BEB at 18:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生きる証かぁ。
そうですねぇ、俺も去年大好きだったおじいさんが亡くなってしまって、今年の5月に実家に寄ったときは部屋の雰囲気がずいぶん変わっていたのを思い出しますよ。

その人が使っていたもの、その場の雰囲気、普段何気ないことでも、人が一人いなくなるってことでの影響力って大きいなぁって感じます。

そのおじいさんの「生きた証」は、いろいろあるのだけど、やはり「絵」と「書道」の作品がいくつかあります。俺も彼の色紙を持っています。そういうのっていいですよね。

でも、例えそういうモノがなかったとしても、人は人のココロの中で永遠に生き続けることができるんだと、俺は信じてます。

だから、俺も音楽とかが「生きる証」かなぁ、なんて思うけど、実は俺自身の存在が「生きる証」なんだと思う。みんな一人一人の存在自体がその人の「生きる証」じゃないかなぁ。

おっ、なんか偉そうなこと書いちゃったよ。
すんません。
Posted by Tomo at 2006年07月23日 02:54
Tomo君。。

その人が居なくなってそこの家を訪ねたりすると
それまでとの違いがありありと感じられるよね?
空気も違うし使っていたものも死んでしまった様に
なってるし・・・不思議だね。。

お爺さんは絵を描くのが好きだったの?
じゃあTomo君が芸術的なのはお爺さんゆずりかな?
受け継いでるね・・・

「生きる証」はその人の存在自体。。
おぉーーー。。哲学的だね。
そうだと思うよ・・
存在してるだけでね・・もうそれが証だよね?

死んじゃったらそれまでだけど
たくさんの人の心の中に生きていられるなら幸せ。。
勿論、たくさんじゃなくてもいい・・・
大切な人の心の中に生き続ける。。。それだけでね。

今はまだ消えてしまう事が怖いから
何とかして「私はここですよ。。」って
叫びたいのかもしれない・・・

何も求めず・・何もなくても・・・
自然な自分でいられたらそれで人は幸せなのに。。
Posted by BEB at 2006年07月23日 12:14
お母さんが好きだったんですね。そしてとても
素敵なお母さんだったんですね。
ほんのりと温かく、そしてせつなく胸が苦しく
なりました。



たまには親父の顔を見に千葉に帰るかな・・・
Posted by 靖 at 2006年07月27日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21075660
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。