BEB!GO!GO!


今の中で生きること

2008年09月23日

辞める理由は。。。

どうしてそんなに、こじれたの?
と聞かれると困る。

はっきり言ってそこまで辛い現場か?
そんなにやり難い相手なのか?
、、、そんな事は決してない。

ならなぜ?
自分でもよく解らないけれど
辞める理由が欲しかったのかもしれない。

この職場で働きながら
色々な事があったけれど
毎日は、とても充実していたし
楽しい事もたくさんあった。。


今回、私が辞めるまでに厨房の責任者が何人も入れ替わった。
その度に私は、その下で補助をしてきたワケなんだけれど、、、
なにせ料理人ってのは個性が強くて、職人肌の人やマイペースの人や
頑固な人が色々いて、それに合わせるのが結構大変だった。(笑)

私がこんな性格で、元々 人に合わせるのが苦手なものだから
それなりに神経を使ったのよ。
でもここまでやってこれたのは、それぞれに
その料理人を支持することが出来たって言うのが最大の理由かな?

過去に私はこのブログに、同じ厨房内で補助をしている女性と
衝突した時の事を書いた事がある。
その時は本当に辛かったし、我慢していると自分がどうかなりそうで
結局、本音をその相手にぶつけてしまったね。。

良い事ではない。
本音をぶつけて解り合えるなんて、夫婦や親子でもないのに
シコリが残るばかりで発言した言葉や行動は記憶から
消えてしまう事なんて有り得ないんだから、、、、

だからぶつかる時は、それ相当の覚悟がいる。
自分が辞めるか相手に辞めてもらうか。。

でもその時は変な自信と余裕があったから
(イヤならお前が辞めろ!)と思ってた。(笑)

補助なら、お前になんか負けない。
私の方が絶対に料理長の役にたてる仕事をしてやる!、、ってね。
でも自分の仕事に自信があった訳ではなく
アイツではなく私が料理長を支えたい、と言うのが一番にあったから、、、

それは勿論、その時の料理長だけの話しではなく
入れ替わり立ち替わりする料理人の誰にも感じていた。
(これは母性本能なのかな?)なんて思う事もあったけど。。

そんな気持ちが、ここんとこ段々と薄れて来ているのに気付いた。
私が当てにされなくなったと感じたのが先か、、
それともこの人には補助は必要ないと感じたのが先なのか、、、
それは定かではないけれど。。(苦笑)

ただ言えるのは、私のこの現場に対する気持ちが
段々と変わっていったって事は確か。
仕事とプライベートを公私混同している訳ではないんだけれど
(支えたい)と言う気持ちが無くなってしまうと
何だか、やりがいが無いような気持ちに張りが出て来ない様な。。。

いきなりつまらなくなる。
(私はこの店に必要ない人間だ)
そんな事を感じながら仕事をして面白いワケがない。

そうでなくても、そこの現場はピーグ時にはかなり追われる。
人件費の削減で厨房の人数は最小限に食い止められ
仕事内容も複雑に、そして私のポジションのウェイトも重くなる一方。

今までがヒマで楽勝の現場だったと言うわけではないけれど
それまでは気持ちで何とかまかなえたから。

何度も書いて来てるけど、私は頑固者で自己中なゆえに
不器用で要領が悪い。
でも、でもね。 必死でやってる!(笑)
手抜きなんてイヤだからギリギリまで動いてる(つもり)
でも無駄だったりする。
変な部分にこだわって、ナカナカ前に進めない。(TOT)

周りを見ていると良く思う事なんだけど
(皆は大人だなぁ、、、器用に生きてるね。。)
(私もあんな風に動けたら、、認めてもらえるかな?)
なんて いつのまにかイジケ虫みたいになってしまってる。

だからダメだと思った。
この現場は好きだけれど向いてないかも?って。。
好きだからやりたい!のと、やれる!のは全然違うって事。

まぁ辞める理由は同時進行でその他にも
諸々と積もってきた事があったし、、、
ならば退くのは誰か??
私しか居ない。。

色んな意味で、ついて行く事も自信も無くなってしまってる
人間が辞めるのが正しいのでありまして、、、
仕事にはやりがいがあったけど、今を後悔していない。

『継続は力なり』と言うけれど
私は次へ進もうと決心したから後には退けない。
「終わりは始まり」と彼も唄っているではないか!(笑)
やるしかないね!!私!




































































posted by BEB at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つまらん事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。